高校受験は主役はもちろん子供であることは間違いありません。しかしながら、まだまだ考え方が成熟していなかったりやりたいことが明確になっていない中における高校受験に関しては親の役割が非常に重要です。

中学受験では完全に親が責任を持つと言っても過言ではありません、逆に大学受験は子供が責任を持つことが多くなってきます。

高校受験に関してはその中間にありますのでその役割を上げていきたいと思います。

子供をその気にさせること

高校受験は義務教育から自由な教育に移行するタイミングです。

もちろん義務教育でない上高校に進学することが必須では無いとは言え実際に社会に出てから必要な知識や礼儀作法を身に付けるために高校に進学すると言う位置づけを考えれば、ほぼ100%進学すると言っても過言ではありません。

しかしながら多感な中学生がなぜ高校で勉強しなければならないのか、なぜ受験をしてまで高校に上がる必要があるのかを疑問に感じることがあります。

そんな時に親の立場で高校生活の重要さ、高校受験を経験することで何を得ることができるかをはっきり教えてあげることが親の役割になってきます。

個人の適性を見極める

最近では高校も多様化が進んでいます。

大学進学だけを目的でするのではなく、子供が好きな部活動をどのように楽しませてあげることができるか、友人関係を育むのにどのような学校が適しているかを親も子供と一緒にリサーチして調べることが重要になってきます。

もちろん、子供は自分の友達が多い学校や部活動だけを重視して学校選びを進める可能性もあります。

そんな時に親がアドバイスをして学校選びに対する考え方をフォローしてあげることが非常に重要になってきます。

勉強の進め方を教えてあげる

子供にとっては高校受験が本格的な勉強のスタートになることをが多いと言えるでしょう。そんな時にどのようにすれば自分自身の学力を伸ばすことができるのか、苦手科目のなく仕方、得意な科目のさらなる伸ばし方などを俺の経験から子供にアドバイスしてあげることも重要です。

もちろん、個人によって異なりますし、最近では学習塾等を使いながら個人の学力を伸ばすことができますので親の役割が全てでは無い事は確かです。

環境作り

子供が高校受験に臨むにあたって家庭環境を整えてあげることも親の大きな役割です。リビングを中心に勉強するのか子ども部屋で中心に勉強するのかなど個人の適性に合わせて環境整えてあげることが重要になってくるでしょう。

まとめ

高校受験における親の役割は人生の先輩として様々なアドバイスを与えてあげることに始まります。

そして、高校や大学で学ぶことがどれだけ社会に役立つかと言うことを自分の経験からしっかり教えてあげることで勉強に対する興味を持たせてあげること。

また受験をクリアすることによって自分自身がどれだけ成長するかと言うことを教えてあげることにポイントが置かれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です