高校受験の英語をより有効に進めていくためには、いくつかの考え方があります。

まずは学校の教科書をマスターすること、公立でも私立でもヒアリングを課すところが多いのでより実践的な英語に触れること、さらには将来的なことを見据えてて英語検定やTOEICを受験するといったところになります。

学校の教科書のマスター

高校受験の基礎となるのはなんといっても学校の教科書をマスターすることです。暗記が中心になりますが高校受験をクリアしようと思えば最低限の単語を覚えたり、文法をマスターしたり、基本的な構文を理解することが重要になります。

まずは最低限の暗記をマスターすることによってこそ、ヒアリングや長文読解問題に対応できることができるわけです。そのためには学校の教科書をすぐに理解できる力を身に付けましょう。

特に予習として自分自身で学校の教科書を読み込んで細かい翻訳は別として、文章の概略を掴むことができるようになるのが重要だと思います。

ヒアリングの勉強

中学校の勉強の中ではどうしても高校受験で必須となっているヒアリングの勉強がなかなかできません。1番ヒアリングに有効なのはネイティブの方々とのコミニケーションを取ることです。

公立の中学校ではなかなかネイティブの方々とコミニケーションを取る機会がありません。それだけに英語のニュースや動画サイトの英語の会話などを頻繁に聞くこと、ラジオの英会話講座を聞き流すだけでも構わないので毎日短時間聞くことなどが重要になってくると思います。

とにかく英語に耳が慣れることさえできれば高校受験のヒアリングレベルであれば全く問題なくクリアできるはずです。

英語検定やTOEICの受験

正直なところ高校受験に必要な英語検定は3級です。高校受験をクリアするために英語検定の勉強をすることも有効になってきます。レベルとしても3級であれば、公立高校のレベルとさほど変わらないものになります。

もし、難関高校を受験するのであれば、将来的なことも見据えてTOEICを受験してみることもお勧めしたいと思います。

確かに英単語や文法のレベルからするとレベルが高くて解けない問題も多いのですが、ある程度点数を取れるようになれば自信がつきます。

志望校に合わせた勉強

大学受験ほどではありませんが高校受験においても特に私立を受験するのであれば、学校によって英語の問題も傾向があります。

志望校を定めてからは基礎学力さえついていることが大前提になりますが、志望校の過去問題をしっかりとることが重要になります。文法に重きを置くのか長文読解問題に重きを置くのかなど時間配分もその中で理解することができるでしょう。

もちろん、中学3年生の2学期に入ってからで充分間に合うと思います。

まとめ

このように、中学生の間に暗記から応用まで様々な英語の学力を身に付けることが重要になります。

しかしながら長期的に考えた場合にはより実践的に英語検定やTOEICなどを受験する中でレベルを上げていくことが本当の英語力を身に付けることにつながると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です