高校受験で模試を受ける際にはなんのために受けるのか?という部分を意識しておきましょう。
模試の持つ意味や効果に関して理解しておくことが重要と言えるのです。

本番の状況を疑似体験

高校受験を一般入試で受ける場合には、他の生徒が大勢いる中で自分も受けることになります。そして、そこは自宅ではなく慣れない環境ということにもなるのです。

だからこそ、そういう環境で試験を受けるという経験を積んでおくことが必要になります。模試はそういう経験を積む場として機能しますから、本番での緊張を和らげたり、ミスをする確率を低くする効果が期待できるのです。

慣れない環境で、多くの生徒がいる中で試験を受けるという経験を事前にしていないと、いきなり本番の入試ということになってしまいます。いきなり本番を迎えて、何の問題もなく試験を終えて、合格する子もいますけど、そうじゃない子もいるのです。

事前に経験したことないような状況を目の当たりにして、冷静な状況ではいられなくなり、思考力が緩慢になって、思ったような結果を出せないという子もいますから、そういう状況にならないようにしないといけません。

そのための対策が模試を受けておくということであり、自宅ではない場所できちんと集中できるか?他にも大勢生徒がいる中で集中力を発揮できるか?そういった力を養うことが必要なのです。

本番の入試以外でそういう場を経験する機会は模試くらいしかないでしょうから、そういう意味でも高校受験では模試を事前に何度か受けておくことが大切と言えます。

今までの勉強方法の妥当性の確認

模試というのは、勉強の方法自体の妥当性を確認するという意味合いもあります。
これはどういうことか?というと、模試というのは成績をチェックすることができるので、定期的に受けていけば成績の推移が確認できるのです。

そして、勉強方法が妥当であるならば、少しずつでも成績は上がっていくはずです。

しかし、勉強方法が妥当ではない、その子供に合っていないという場合が考えられ、そういったときには成績が変わらない、下がるというケースが考えられるのです。

模試を受ければ、成績の推移から自分がこれまでやってきた勉強が合っているのか?の判断ができます。

成績が上がっていればそのままの方法を継続し、変わらない、または下がっているとしたら勉強方法を変えていくなどの修正が必要になるのです。

そういったことを可能にするのが模試であり、模試を受けないと高校受験の勉強方法が自分にとって理に適っているものか?の判断ができません。

だからこそ、高校受験を通じて模試は非常に重要なイベントであり、定期的に受けていく必要があるということなのです。

高校受験における模試を受ける意味に関するまとめ

模試というのは高校受験においては重要な存在と言えます。

本番を疑似体験できることや今までの勉強方法の妥当性の確認という意味で欠かせない存在なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です