高校受験は子供にとって、はじめての人生のハードルになる可能性もあります。もちろん、勉強だけではなく、様々な競争を経験することが必要であることはいうまでもありませんが。

そしてそのハードルをクリアするために重要なのが参考書であったり問題集といった教材になってきます。家庭学習においても塾の学習においてもこの教材を欠かせないのでどのような教材が重要かを具体的に挙げていきたいと思います。

学校の教材の活用について

本格的な受験勉強が始まるまでは基本的には学校の教科書や参考書がベースとなる教材です。特に目指すべきレベルが一般的な公立高校であれば、教科書を最高の参考書としてその理解に努めることがスタートになります。

もちろん、中学校の定期テスト対策も教科書が基本ですから、補助の教材として教科書の参考書として解説本などを併用することが有効でしょう。

学校学習の予習、復習にもってこいです。

市販の問題集の活用

学校学習において、基本を理解した上でそれを問題を解く力になっているのかどうか試すことができないのは課題になります。なんといっても最終的には外部のライバルと高校受験で戦うためには問題を解くことが必要となりますので。

そこで市販の問題集の活用です。もちろん、受験直前に公立高校や、私立校の過去問題を解くことも重要ですが、まずは自分自身の学力に合わせ、あくまでも学校の学習の理解度を確認する問題集がスタートになります。

実際には口コミ、実際に書店で眺めてみることで自分自身に適したレベルかどうかわかるでしょう。

学習塾の教材

学習塾の教材はレベルがクラスに異なるとはいえ、非常にわかりやすく構成されています。

そして、参考書としてだけではなく、高校受験に頻出の問題をところどころに挟んでみたり、定期テストのポイントになる部分を特別にとりあけてくれていたりします。要するに気が利いている教材なのです。

高校受験前の過去問題を

高校受験が迫ってくると必ずクリアすべき教材が過去問になります。

もちろん、目指すべきレベルによっても異なりますが。さらには、100点を取れなくても例年、どのレベルまでクリアできれば合格ラインに達するのかを自分自身で理解して、そこに向けて学習するための大きなポイントになりうります。

話はそれますが、こうしたことを見据えるとはやい段階から、外部の模擬試験なども積極的に受験し、教科書以外にも慣れておくことは重要かもしれません。

まとめ

高校受験の教材選びはまず、教科書の内容理解補助、問題をこなす、さらには受験に向けた過去問までさまざまな場面で役に立つものです。

しかしながら、なかなか子供だけでは選びにくいものです。

親がなかなか関与しづらいところかもしれませんが、

  • 友人の意見を参考にしたら?
  • 塾でおすすめはないの?

など声がけをきちんとしてあげるだけでも子供にとっては非常に貴重な気づきになってくるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です