高校受験を控えている中学生にとって塾選びは重要です。たくさんの塾があるとどこを選んだらいいのか迷うと思います。そこで、高校受験のための塾選びのポイントを紹介します。

グループ指導・個別指導

塾の指導方法は、グループ指導と個別指導の2通りです。どちらの指導方法があっているのかは人それぞれなので、子供のタイプにあった指導方法を選びましょう。

グループ指導向き

人と競う方がやる気が出る
みんなと一緒に楽しく勉強したい
周りに人がいても積極的に質問できる

このように積極的なタイプの子はグループ指導が向いています。
グループ指導のよさは仲間がいてライバル意識が芽生えることです。人と競争することが好きなタイプなら、負けないように一生懸命勉強できることでしょう。

個別指導向き

自分のペースで勉強したい
周りに人がいると積極的に質問できない
わからないところは詳しく教えて欲しい

このようなじっくりマイペースに学ぶタイプの子には個別指導が向いています。
個別指導は一人一人のペースにあわせて学べるメリットがあります。得意科目にはあまり時間をかけず、苦手科目を重点的に学ぶなどの学習ができます。

体験授業を受ける

塾のホームページやパンフレットを見ると、その塾の特徴がよくわかりますが、実際に体験をしてみないとその塾があっているのかわかりません。あわない塾に通っても楽しくなく、塾に通うことがつらくなってしまいます。そして、勉強自体も嫌いになってしまう心配があります。
そのため体験授業に参加をして、その塾があっているのか確かめてみることが大切です。実際に体験授業に参加をしてみると、「思っていたよりも楽しかった」「思っていたものとは違った」などがわかります。
体験授業を受けたら必ず入会しないといけなわけではないので、いろいろな塾の体験をしてみるとよいでしょう。

費用

高校受験をする費用、高校に入ってからの費用など、これから先いろいろな面で費用がかかります。そのことを考えると子供が中学生のころに節約をしてある程度の貯金をしておきたいものです。
塾の費用の月謝の相場は、グループ指導は2万円から4万円ほど、個別指導は3万円から7万円ほどです。一人一人の子供と向き合う個別指導やグループ指導に比べると費用が高い傾向があります。
夏期講習や冬期講習など特別な講習にはさらに費用がかかり、夏期講習を中学3年生が受ける場合はグループ指導で8万円から10万円、個別指導で10万円から20万円ほどです。
しかし、グループ指導の場合でも入会金が以外と高いこともあるのでこの点にも考慮しましょう。
高校に合格できるかを考えると費用よりも塾の質が重要なのですが、支払える金額にも限りがあるので費用が負担にならない程度の塾を選びましょう。

まとめ

志望校に合格するためには塾の選び方が重要です。どのような塾に入るかが結果を左右するかもしれません。子供のタイプにあった塾を選んで、希望する高校への合格を目指しましょう。

また高校受験には学習塾が全てでもなく、通信教育といった手段もあります。とくに文部科学大臣賞を受賞をした”通信教育すらら”などはチェックしておきたいネット教材。

ぜひこちらの口コミからチェックなさってみてはいかがでしょうか。

すらら口コミ体験レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です