高校受験に臨むにあたって様々なレベルの高校受験が控えています。もちろん公立の受験を希望するのであれば学校の教科書に準拠した参考書だけでも十分に対応できるかもしれません。

しかしながら難関の私立や公立の高校を希望する場合には学習塾、さらには自宅学習で参考書も必要になってくると思います。

では参考書の選び方やその活用方法について具体的に挙げていきたいと思います。

参考書の位置づけについて

中学生にとって参考書はいわば、辞書に近い役割を果たすと言っても良いでしょう。

もちろん分厚い参考書を全てマスターするわけではありません。実際に学校の教科書や塾の勉強でどうしてもわからない内容が出てきたときに辞書の代わりに該当項目を調べるといった使い方が1番多くなってきます。

例えば、英語であれば参考書を持っていれば単語やイディオムの使い方などが豊富に載っていますので自分自身の参考になる表現を暗記すれば後々に利用できると思います。

理科であれば教科書に載っていないような実験内容や資料が豊富に提出されていますのでいざと言うときの知識に役立つでしょう。

次に社会であれば、教科書にのせきることができなかった資料や文献が豊富に掲出されています。単純な暗記だけではなく社会そのものに興味を持つための材料と言えるでしょう。

参考書の選び方について

高校受験に臨むにあたって、参考書の選び方にもポイントがあります。

まずは公立の高校受験を希望するのであればそれほど難易度の高い参考書を選ぶ必要はありません。あくまでも教科書のサブとして利用できるようなレベルの参考書を選びましょう。

逆に難関の私立や公立の受験を希望する場合には教科書以上の知識や例題、場合によっては過去問題を提出していたり、過去問題の解き方を詳しく提出しているような参考書を選ぶことをお勧めしたいと思います。

実際には、参考書の目次やレベルが逆に難関の私立や国公立の受験を希望する場合には教科書以上の知識や例題、場合によっては過去問題を掲出していたり、過去問題の解き方を詳しく掲出しているような参考書を選ぶことをお勧めしたいと思います。

実際には、参考書の目次やレベルが、目次や利用目的を読めば明快になっています。非常に高い買い物になりますのでここは親が一緒になって選んであげることが重要かもしれません。

場合によっては科目によっては購入する必要がない参考書も出てくる可能性があります。

学習塾の推薦

学習塾に通っている場合には、講師が好んでいる参考書を購入することがお勧めです。自宅学習においても塾の学習においても学習の一助となるからです。

教え方や考え方が共通していた方が自分自身の予習や復習にもつながります。

まとめ

結果的に高校受験にとって参考書は個人のバイブルであり、いざと言った時に頼ることができる書物と言うことができるでしょう。

そして自分自身の用途に合わせて親が一緒に選んであげることでより有効な活用方法ができると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です