高校受験に限らず志望校を決めるにあたっての基準として一般的に用いられるのが偏差値になります。学校内ではなく社外のライバルたちと競い合う模擬試験においてもこの偏差値が大きなポイントになります。

実際に学校の中で定期テストにおける偏差値は、高校受験における偏差値と違いあまり意味がありません。ではどのように偏差値を考えれば良いのでしょうか。

目標としての偏差値

志望校を検討するにあたって自分自身の偏差値と志望校の偏差値は絶対的な数字として存在します。もちろん、中学1年生や2年生の段階で自分自身の偏差値が志望校に全く足りないからといって諦める必要はありません。

あくまでも基準であってその目標に向けてどのように勉強すれば良いかを考えるための目標になります。

そして、高校受験の場合、最近では少しずつ高校のレベルも変わっていきますので偏差値だけに左右されることなく、受験生の増減なども確認しながら志望校を決定していくことが重要になってくると思います。

模擬試験の偏差値について

全国的なレベルの模擬試験はいくつかあります。実際のところ偏差値の出方はそれぞれによって異なってきます。

ですから、常に同じ模擬試験に頼って偏差値を上げようとするのではなく、いくつかの模擬試験を受験することによって自分自身の偏差値がどの位置にあるかを総合的に判断することが重要です。

志望校の偏差値について

志望校の偏差値についても様々なメディアでオープンに記載されていますが、1社だけをチェックすることはやめましょう。

いくつかのメディアをチェックすることによって絶対的な数字ではなく相対的なレベルを推し量ることが重要になります。

前述した通り高校の偏差値は少しずつ年によって変わってくるものです。だからこそ材料は多い方が良いと思います。

高校受験における偏差値は絶対的な数字であるとともに、単なる基準であり目標であると言い換えた方が良いと思います。

偏差値を上げるために

偏差値を上げるためには塾に通う、家庭教師をつける、学校の勉強をマスターするといろいろなレベルがあります。

目標とする偏差値によってどのような学習方法が良いのか変わってきますので学校の先生に相談するとか、周囲の高校受験経験者にヒアリングを行うことが重要です。

学校の勉強が理解できないにもかかわらず高校受験用のハイレベルな塾に通うことが偏差値を上げることにつながるわけではありません。

あくまでも自分自身のレベルに応じた勉強方法を実践することが偏差値を上げる第一歩になります。

まとめ

このように高校受験の偏差値をまずは志望校の基準と定め、自分自身の学力を客観的に見つめることでどのような勉強方法が良いかを見極める、これこそが偏差値の有効な使い方だといえます。

一方的に見つめるのではなく、多面的に偏差値を捉えて自分自身の学力を伸ばすツールとして活用することが最も有効な高校受験突破の利用方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です