高校受験は子供にとって初めてのハードルとなり得る出来事です。より良い選択肢を選ぶこと、そしてそれをうまく乗り越えるためのアドバイスは非常に重要になってきます。

では具体的にどのようなアドバイスを与えることが子供たちにとって有効なのかを考えてみたいと思います。

高校受験も苦痛だと思わせないこと

そもそもほとんどの子供たちが勉強自体が好きなわけではありません。

そこにつけて、合格や不合格と言う判断をされる高校受験に関しては苦痛に感じることでしょう。それをいかに苦痛だと思わせず、取り組ませることができるかは親のアドバイス次第です。

例えば高校受験は自分自身の適性を見極めるための最初のターニングポイントであり、自己分析を行うための絶好の場面だと言う言い方をすることで子供たちも自分自身の人生を振り返ることができるかもしれません。

結果的に手法として勉強が出てきますがあくまでも自己分析をして未来へ向けての振り返りを行うと言うスタンスを植え付けることが良いアドバイスになります。

勉強をすることの意義を伝える

高校受験を乗り切るためにはなんといっても勉強を家にさせないことが重要です。

そこで重要なのはなぜ人間は勉強しなければいけないか、なぜ高校受験には勉強が必要なのかをしっかりと伝えてあげることです。

そこには親が自分自身の経験として高校受験で勉強したことが将来にどのように生きているかを具体的に伝えてあげることが重要です。

例えば数学や理科の勉強が直接いきなくても、仕事を行うにあたって、論理的なものの考え方や検証することの大切さに結びついていると言うことをアドバイスしてあげれば勉強にも興味を持つことができるでしょう。

また、国語については日本語の美しさや素晴らしさを読書をすることによって大人になって気づいたと言うようなアプローチをしてあげれば子供たちも日本語に興味を持ってくれます。

高校や大学での生活に興味を持たせる

高校受験と言うハードルをクリアして高校生活やそのあとに続く大学生活がどれだけ楽しいものか、どれだけ充実した時間を過ごすことができるかを自己体験から伝えてあげることが子供たちにとっては何よりも素晴らしいアドバイスになってきます。

多少青臭くても構わないので青春時代を謳歌するためには楽しいだけではなく苦労して勉強することも必要だと言う事を生の体験から伝えてあげれば子供たちも勉強に嫌気をささないと思います。

親の体験こそ子供にとっては何よりも重要な宝物になってきます。学生時代の友人がどれだけ素晴らしいことかを伝えてあげることも良いでしょう。

まとめ

高校受験をクリアするためには勉強の楽しさ、高校受験をクリアした後の学生時代の楽しさを親が自己体験から語ることが1番のアドバイスだといえます。

高校受験を単なる人生の壁だと思わず、次のステップアップのための前向きな壁だと言う認識を持たせれば成長の過程で間違いなくプラスに働くはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です